奥さんと結婚した2010年。結婚により、家族ビザ(結婚ビザ)の申請が必要となり、私はいったん日本に戻ってこのビザを申請しました。理由は、国外申請の方が国内申請よりも処理時間が短い、と言うことだったんで。実際、申請からビザ発行まで6-8か月で終了した覚えがあります。


その間、日本でアルバイトをしつつ、せっかくだからと30代になって初めてバイクの免許を取りに行きました。ちょっと時間はかかりましたが、中型二輪免許を無事取得


で・・・・・。


ここカナダでは、車の運転免許証は日本の運転免許証から「書き換え」と言う形で利用できるんです。州毎に免許を管理しているのですが、基本は一緒。なので私もケベック州に来てすぐに日本の免許証からケベック州の運転免許証に書き換えました。


でもバイクの免許は長い間放置していたんです・・。で、4-5年前にネットで調べて、ケベック州ではバイクの免許も書き換えが可能だと分かったんです。ただし、各種「試験」は受けないといけない。具体的に私がしたのは、まず日本の免許証のうち、バイクの部分を総領事館においてフランス語・及び英語の翻訳してもらって、それをケベック州の運転免許管理をするところ(SAAQと通称で呼ばれています)に持っていきました。


その後、「筆記試験」を受けて、「仮免許受験資格」を取得します。


で、「仮免許受験」(教習所と言うか、SAAQ近くの敷地内で実際にバイクに乗ってテストを受けます。)を受け、これをパスすると実際に路上に出ることができます。去年2018年まで、この仮免許で路上に出る際は、必ず「バイクの免許保持者」の同行が必須だったんですが、それも2018年に改正され、制約はありますが、一人で路上に出ることができるようになりました。


で、最終試験が「路上試験」。これはイヤホンを装着し、実際に路上に出て、その後ろを試験管の車がついてきて、そこからイヤホンを通して「右に曲がって」とか「停車して路駐してみて」とかの指示に従うんです。で、その試験を先月受けて合格。晴れてケベック州のバイクの運転免許交付となりました。

IMG_20190701_082332
(愛車のHONDA REBEL500。これで週末のんびり散策してますー。)

今回は日本の運転免許証からの書き換えなので、試験だけで済んだんですが(それでも色々な制約や、私の仕事の都合などで結局3-4年費やしてしまいましたが・・・。)、実際は日本と同様、各試験を受けるまでには教習所で講習を受け、講習所が「試験を受けてもOK」と言う許可を出さない限り、各種試験は受けられないんです。

IMG_20190701_082312
(短い夏を愛車で満喫してみます!)

ともあれ、試験に合格したので、これで堂々と愛車に乗って、モントリオール周辺を散策してみますー!







(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)
スポンサードリンク