先月7月の夕方。ハリファクスのある場所において、オフィスの地下から火災が発生。すぐに現場には消防車や隊員が休校します。既に退社時間後だったので、オフィスには人がおらず、隊員たちは取り急ぎ消火すべく、消火栓を探して・・・。


すると消火栓はあったんですがその前に何と車が駐車されていたんです!!確かに現場道路はハリファクス市より、「路駐OK」の許可標識が出ているところですが、道交法により消火栓の前後5mは駐車できないはず。

PARKING JUL302019 01
(これは車の所有者が断然悪いですよね。CBCニュースサイトより。)

隊員たちは何とかホースをこの消火栓に繋ごうとしたんですが難しく、結局この車のドアを壊して、車の中を通してホースを接続し、消火活動に入ったそうです。

PARKING JUL302019 02
(こんな場所に注射をする方が悪いです。CBCニュースサイトより。)

火事は無事鎮火したんですが、問題はこの車。ハリファクス警察はこの車に駐車違反の切符と罰金を科します。まあ、本来ならそれ以上の罰金刑や刑罰を与えても良いと思うんですが、何せ後部座席2枚のガラスが壊されていて、その修理費用は軽く罰金を超えるみたいなので、とりあえず駐車違反以上の罰金刑は課さないとのこと。優しいですねー。


ともあれ、これは車の所有者の自業自得であり、且つ一歩間違えれば大惨事につながる危険な行為。私もこれを反面教師に、駐車の際は気を付けないと・・。








(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)
スポンサードリンク