ちなみに1位から3位を見てみると、

1. Hamilton (Ontario) - 住人10万人当たり発生件数17.1%
2. Quebec City (Quebec) - 住人10万人当たり発生件数11%
3. Ottawa (Ontario) - 住人10万人当たり発生件数9.8%


首都オワタが3位に入っているのもびっくり(2018年は105件発生だそうです)ですが、1位のHamiltonを含めてオンタリオ州の都市が2つも入っているのに驚きました。まあ絶対的な人口数が大きいので当然の結果と言えば当然かもしれませんが・・・。ただ、ケベック州の方が感覚値としてヘイトクライム多そうなのになーって感じるんです。実際ケベックシティーが2位に入っているのでそうなんでしょうが、オンタリオ州はもっと多いってことなんですよね・・・。

HATE JUL302019 01
(ひどいものです・・・。CBCニュースサイトより。)

ケベック州でヘイトクライムと言うと、かなりの確率でイスラム教徒が対象って感じですが、どうやらオンタリオ州やその他の州ではイスラム教徒もそうですが、以前アフリカ系へのヘイトクライムが多いみたいですね。あと多分、アジア系とかも。


まあこの辺りはあくまでもごく少数の人たちがそういうことをしているのであって、大多数の人たちはヘイトクライムとは関係ない人たちでしょうが、やっぱり何となくイメージが悪くなりますよねー、こういうランキング等が発表されると。


いつになれば人間はお互いを本当に分かり合えるんでしょうかね・・・。








(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)
スポンサードリンク