これ、ちょっと前にアメリカで話題になっていたニュースなんですが、アメリカ大統領選挙の候補者でもあるバーニー・サンダースさんが、アメリカ国内の糖尿病患者さんと一緒にカナダに来て、カナダでインシュリンを購入するっていう企画。と言うのも、アメリカではインシュリン購入費用がめちゃくちゃ高くて、確か300USドル(約33,000円)位して、でも同じものがカナダでは30USドル(3,300円)と、10分の1くらいになっていたんです。

Medicine AUG102019 01
(薬価の問題はアメリカ国内で解決を・・・。CTVニュースサイトより。)

これはそもそも「保険料」の違いからくるもの。国民皆保険制度がないアメリカと、カナダの違いだと思うんです。なので、私の給料もそうですが、社会保険料ってめちゃくちゃ引かれているんです。そのおかげで安価に薬が買えたり、医療費無料ができているんです、カナダでは。


なので、正直アメリカから薬を購入しにカナダに来るのは止めて欲しいんですよね。だってそのせいで社会保険料が上がるんですから。実際、処方箋があっても、アメリカ向けに薬の販売をしているのはまれで、たまにそういう薬局もあるという程度らしいんです。でも今、トランプさんも大統領選挙再選に向けて、カナダから安価な薬をアメリカに合法的に輸入するっていう計画を立てているみたいなんです。


でも上記の通り、カナダで薬が安いのはその薬の原価等が理由ではなく、あくまでも社会保険がちゃんと整備されているから。その部分の差が出ているんだと思います。なので、安い薬がカナダからアメリカに輸入されたとしても、それでもカナダで買う方が安いと思います・・。で、沢山の[薬購入ツアー]がアメリカからくる・・・。


これ本当にカナダ連邦政府や州政府はきちんと取り締まって止めさせて欲しいです。アメリカ人のためにカナダ人の税金が使われる、税金負担が大きくなるのはやっぱり納得できませんから。


これどうなるか、ちょっと気になります・・。







(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)
スポンサードリンク