先週水曜日、トルドー首相は国会を解散。第43回総選挙は来月10月21日投票と決定いたしました。

トルドー首相が国会解散後、すぐに選挙戦に突入。水曜日の帰宅時にはもう既にモントリオール市内の幹線道路沿いには候補者のポスターがべたべたと貼られていました。素早いですね、行動が。普段からこれくらいの速さを心がけて活動して欲しいものです、各議員さんは。

ELECTION SEP142019 01
(各党党首の顔ぶれ。CBCニュースサイトより。)

ちなみに写真は各党党首。左上から、保守党のAndrew Scheerさん、リベラル党で現首相のJustin Trudeauさん、NDPのさん。左下から緑の党のElizabeth Mayさん、みんなの党のMaxime Bernierさん、そしてケベック党のFrançois Blanchetさん。連邦議会はこの6党で争われます。


再三当ブログでもお伝えしているように、選挙予想は保守党とリベラル党で接戦の様子。どうなることやら本当にわかりません・・。前回2015年の選挙の際も、トルドー首相率いるリベラル党が勝つと予想していたところは少なかったと記憶しています。つまり番狂わせが起こったんです。。今回はトルドー首相のこの4年間の審判を受ける選挙。どうなることやら・・・。


個人的には保守党に勝って欲しいです!







(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)
スポンサードリンク