来月の総選挙に向けての選挙戦が盛り上がっているさなか、こんなスクープ映像・写真が。トルドー首相が過去、人種差別的なメークアップをしていたというもの。確かに写真を見ると、アラブ風のコスチュームに身を包んだトルドー首相が、顔を真っ黒に塗っています・・。これが差別的だとして非難され、結果トルドー首相は謝罪に追い込まれました。

Trudeau SEP222019 02
(出回った過去の写真。Global Newsサイトより。)

この時期にこのスクープ、意図的なものを感じますね・・。

Trudeau SEP222019 01
(過去の行動を現在の感覚で裁く・・・。やっぱりおかしい気が・・。Global Newsサイトより。)

また、私はトルドー首相率いるリベラル党に対してはどちらかと言えば否定的なんですが、でも今回のこのケースには疑問を感じます。この写真今から約20年近く前のもの。勿論当時もトルドー首相のこのコスチュームやメークアップで気分を害する人がいたなら別ですが(一緒に写真に写っているインド系の人は、別に嫌ではなかったし、差別的な感じもなかったと証言しています)、過去の行動を現在の感覚で判断するのはちょっとおかしいのでは??


時代とともに、過去許されていたものが現在では許されないものは沢山あります。それを、現在の感覚を基準にして過去に遡及してその行動自体を断罪するって、意味がないものだと思います。それで言えば、じゃあアメリカ等で起きていた黒人への人種差別、先住民への人種差別、全ての白人は謝罪しないといけないことになりますよね?


これはやっぱりなんか釈然としないし、こんなことが政治的に認められてしまうと、ルールもあったものではありませんよね。だって未来で自分の行動が断罪される可能性があるんですから、誰も好き好んで行動を起こさないようになります。


これはちょっと別の意味で大きな問題だと思います・・・。







(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)
スポンサードリンク