Montreal Exposがワシントンに去って早15年。その間、Montreal Exposを取り戻そう!という動きがモントリオール市民の間でも何度か起きていました。実際、毎年カナダ唯一のMLB球団であるToronto Bluejaysのオープン戦を開催したり、公式戦も開催したりして、モントリオール市民の野球熱を盛り上げるようにしていました。


また今年からはタンパベイ・レイズだったかな?公式戦開催の約半数をモントリオールで行うということも決定。少しずつ野球熱を取り戻しつつある中、さらに良いニュースが。


Montreal Exposを取り戻す運動をしているビジネスマンのStephen Bronfmanさんが提案している「新スタジアム建設」。これに元ケベック州政府首相のLucien Bouchardさんと、日本でもおなじみのシルクドソレイユのDaniel Lamarreさん、そしてNational BankのLouis Vachonさんが賛同を表したんです。これって大きいかも。


BaseBall OCT132019 01
(一日でも早くモントリオールに球団が戻ってきてほしい!CTVニュースサイトより。)

ただ、だからと言ってすぐにMontreal Exposが戻ってくるわけではなく、あくまでもその下準備が整いつつあるっていうだけ。でもちょっと前進ですね。


もう一つ不安と言うか不満は、この元ケベック州政府首相のLucien Bouchardさん。彼が首相在任中に、Montreal Exposの新スタジアム建設案って実はあったんです。でも彼はそれを拒否。結果、Montreal Exposはワシントンに去ったんです。なので、「今更?」感は強いですが、まあ結果この運動が成功すれば良しとしましょうね。


早くモントリオールで野球が見たい!!







(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)
スポンサードリンク