先週かな、日本のニュース記事を読んでいてちょっと気になったものがありました。Yahoo!ニュースからの抜粋ですが、

 

と言うもの。


勿論、国際的な言語ツールとして英語を話せる・理解できるということは強力な「武器」にはなります。が、このニュースだけでなく、日本ではあたかも「英語ができない日本はだめな国。将来性のない国。」的な書かれ方は気になります。直接的にはそう書かれていませんが、そうほのめかすというか・・・。

p03zh5tk
(英語は確かに強力なツールです。BBC.CO.UKサイトより。)

繰り返しになりますが、英語が話せるのは武器にはなりますよ。でも「話せるだけ」ではあまり意味はありません。そのことを含めて記事を書いているのかどうかが不思議。英語を含めて言語って言うのはしょせん「コミュニケーション・ツール」の一つ。このツールを使って「何ができるか」の方が大事。もっと言えば、英語を知らなくても、とても内容のある発見をしたり、特殊技術を持っていれば、そうんなこと(英語が話せないこと)は全然問題になりませんしね。そういう面で言うと、日本と言う国は周りを海に囲まれ、無理に他国と共存する必要がなかったという点と、元々独自の文化や発見、もしくは他国から入ってきたものを独自に進化させて自己完結できる(内需として消化できる)環境だったので、特段、英語等の他国言語を必要としなかったんでしょう。


良い例がアメリカです。アメリカで英語以外を話せる人の数ってどれくらいいるのか、またどのくらい必要性があるのか。アメリカも自己完結できる国だから、英語以外は必要ないし、元々イギリスとともに世界の「覇者」としての地位があるので(そのおかげで英語が世界共通語になったわけですが)、この点での苦労をしなくて良いんだと思います。


繰り返しになりますが、英語や他国言語を身に着けるのは武器としてよいことだと思いますよ。現地情報や生の情報をいち早く取得できますし。


もう一つ気になったのはこの調査会社。ちょっと調べてみると、なんか調査方法にも問題がありそう・・。まあそれはこのブログの趣旨とはちょっと違うので端折りますが、なんかこういう信頼性がいまひとつはっきりしない会社の情報だけで一喜一憂する必要はないと思いますよ。


逆に私は今まで海外で生活してきて感じることは、日本の中学からの英語教育はしっかりしているっていうこと。ちゃんと基礎部分を網羅しているので、正直中学・高校レベルの英語で十分ネイティブとの会話はできます。日本人が中学・高校を通して取得した英語力って、結構高いものですよ。単語量と言い、文法と言い。

ただ、日本人はシャイで且つ「完璧」を求める性質があるので、「英語での会話も完璧に文法、単語を使わないと、笑われてしまう」って感じでちょっとビビっているところがあるのも事実。実際、私もそうでしたから。


でも、正直英語が世界共通語になると、英語での会話はネイティブと行うより英語を母国語としない人と行う割合が大きくなっていると思います。つまり、お互い英語が母国語ではないので、間違ってもしょうがない!また、ネイティブも私たちが英語を母国語としていないのはわかっているので、笑ったりしませんよ。逆を考えてみればわかると思いますが、日本語を話せない人があなたに一生懸命日本語で話しかけてくれると、うれしくなりませんか?また、文法が間違っていても、意味は理解できるし、それを笑おうとはしませんよね?


まあ、笑われたとしても、それをばねに頑張ろう!っていう風に思う人もいると思いますが。


とにかく、日本人の英語理解力は僕は高い方だと思います。ただ、英語を日常で使うことに慣れていない、臆病になっているだけ。その部分のリミッターを外せれば、もっと大きな武器になると思います!もちろん、仕事での英語使用などの場合はもう少し語彙力や表現力は必要になってくると思いますが、でもそれも高い基礎力が必要。それはすでに日本人の中に学校教育を通してあると私は思っています。


なので、日本人はもっと自信を持っていいし、もっと積極的に英語を使って海外と交流を深めていってはいかがでしょうか?







(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)
スポンサードリンク