まずはこちらの映像から:


カルガリー南部のPenbrooke Meadows Schoolに通うEzrahちゃん、4歳。まだ幼稚園クラスですが、元気に学校に通っているそうです。そんなある日、Ezrahちゃんが帰宅したのを母親のBrittanyさんがお出迎え。そこには・・・。

Sign NOV242019 01
(これはやりすぎ、配慮が足りないと思います。Global Newsサイトより。)

なんと、Ezrahちゃんの胸に連絡を貼り付けてあるではありませんか!Ezrahちゃん自身、なんでこんなことを先生がするのかわからず困惑し、且つ怒っている様子だったそうです。勿論母親のBrittanyさんも大激怒!まるでEzrahちゃんがこの連絡を母親に手渡すこともできない子供、何かおかしな子どもみたいな扱いをされていると感じたから。


これはEzrahちゃん、Brittanyさんが怒るのも当然ですね。何を考えて先生はこんなことをしたんでしょうか?何か連絡があれば、Ezrahちゃんのバッグに入れるなり、メールや電話でBrittanyさんに連絡するなりできたはず。自分の仕事をきちんとしなかったように感じられます。例え子供たちに託すのに不安があったとしても、こういうことをする先生は信用できないと思います。


しかも、これEzrahちゃんだけでなく、他数人の子どもたちも同様のことを先生にされたそう。


日本でもそうですが、教師の質が本当に落ちているというか、先生自身が「やっていいこと・悪いこと」を判断できない人がなっている気がします。そういう人たちが子供に何か教えることなんてできないと思うし、不安でしょうね、親御さんとしたら。


本当、バカな事件だな、と思います。少なくとも、この先生にはきちんと事情を説明する義務があると思いますし、場合によったら休職・退職も必要だと思います。







(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)
スポンサードリンク