今日はカナダとは関係ないのですが、ちょっと気になった日本の記事があったので・・。それはこちらの2つ:



沢尻さんの事件自体は皆さん知っていると思いますので端折りますが、まずは一つ目の記事。

大河ドラマはそのまま放送するべき」的な意見が出ています。確かに一理ある、共感できる部分もあります、例えば「起訴される・判決が下るまでは推定無罪だから、現時点で逮捕即有罪と言う対応はどうか」と言う点。これは何となく筋が通っている気もしますね。

sawajiri NOV272019 01
(彼女が失ったのは目に見えないものが多いのでは。Sankei.comサイトより。)

ただ一般社会でも(沢尻さんでなく一般人の場合でも)、こういった事件で逮捕された場合、クビや退職勧告はあり得ると思います。それが100%冤罪であれば話は別ですが、例え不起訴になったとしても、違法薬物の所持や長年にわたる使用を本人が認めていますから。本人の自白だけでは起訴及び有罪には持っていけないかもしれませんが、でも「違法行為」をしていたのは認めていますよね。それが例え「預かっていた」だけだとしても、それが「違法なもの」であるのは知っていた、と。


ここまでくれば、特に沢尻さんなどの芸能人の場合、「イメージ・信用」を損なってしまった、と言うのが一番の問題だと思うんです。一般人の場合でも、今回のケースの場合、イメージは別として「信用・信頼」は大きく損なわれるでしょう、例え不起訴になったとしても。会社・同僚・取引先などの信用を失くした人にどのような仕事が割り振れますか?何かあった場合の責任はとれますか?


そこが問題だと思います。CMやドラマ等で沢尻さんを起用していたのは、彼女の持つ「イメージ」と彼女への「信頼」を元にしたものだと思います。その根本部分が傷ついた状況で、「作品には罪はない」「有罪かどうかわからないので性急すぎる」っていう言葉はあまり響かないんですよね、私は。


この記事では「有罪か否かで判断するべき」と言う書き方ですし、沢尻さんの今までの経歴等を列挙して沢尻さんを援護しているようですが、多分世間一般が感じているのはそういったことではなく、上記のように「イメージを壊した、信頼できない女優」と言うものではないでしょうか?正直、今までの彼女の作品も、薬物によって演技の幅が広がり高評価された、と言われても否定できないですよね?いくら彼女が「そんなことはない!」って言ったとしても、もうすでに「信頼」を損なっているので、何を言っても一般の視聴者は離れていくと思います。なので、取り直しが必要だと思うんですけど、違うのかな??



2つ目の堀江さんの記事。これも私は表面的と言うか、ステレオタイプの意見だなーって思います。例えば、彼は「1940年代まで薬物はOKだった」みたいな発言をしています。なので、大麻も合法化すべき的な・・・。でもじゃあ「なぜ薬物NGになったのか」と言う面には言及していないすよね?私も詳しく調べていないので憶測ですが、多分1940年代以降、薬物がらみの犯罪が多かったから禁止になったのでは??禁止になった理由を私も詳しくは調べていませんが、そこもしっかり明らかにしてくれないと、「片手落ち」と言うか、意図的に一方方向への流れを作ろうとしている気がします。


次に「違法化すると地下経済が潤うというマイナス面がある」と言っていますが、これは当ブログでもお話ししましたが、カナダでは全く逆の結果が出ています。大麻合法化後にブラックマーケットが伸びているんです。大麻合法化により「大麻」への窓口が国の後押しで広がったことにより、容易に大麻へアクセスできるようになった結果、あとは市場論理と同じで、ブラックマーケットがより安い価格で大麻を提供しているのでそっちに流れたという形式に。つまり、国が潜在的な大麻顧客を掘り起こして、ブラックマーケットが取り込むという形になっているんです。


この記事で堀江さんは松本さんを浅薄だと言っていますが、堀江さんの意見の方もきちんと裏どり・実証していないものが多くて「浅薄」だと感じます。


また、厳罰化によるエスカレートを問題にしていますが、例えば飲酒運転の厳罰化では年々飲酒運転事故が減っていますよね。確かに減少率は最初に大きく、のちにどんどん縮小していったり、下手したら前年比でプラスになってしまうケースもあるかもしれません。でも「厳罰化」により事故件数が減っているのは事実です。そもそも、自他ともに命の危険性のある大麻の使用等と、政治資金規正法を、厳罰化の効用のために比較すること自体がおかしいのでは?全く比較対象になっていない気がします。少なくとも上記例に挙げた飲酒運転の厳罰化の方がまだ大麻・薬物使用の厳罰化の効用のための比較にあっていると思いますが。



長くなりましたが、結局日本では芸能界は沢尻さんに同情的で、大麻など薬物に関する意識が低いっていう気がします。そういった人たちは海外を比較対象にしますが、私にはただ単に「Wannabe」の意見にしか見えません。日本はこのまま大麻を含めた薬物に厳しい体制のままでいてほしいし、松本さんがおっしゃる通り、厳罰化していってほしいです。厳罰化の効用はあると思うし、とりあえずやってみても良いと思います、だれも困らないと思うので。







(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)
スポンサードリンク