これ、Scheer党首が自ら辞任というようなフレーズで昨日ブログでご紹介しましたが、実は違っていたようです・・。


今日出ているニュースによると、Scheerさん、なんと党に対して贈られた寄付金・政治献金のうちいくらかを、自分の子供たちのプライベートスクールへ通う代金として使っていたそうなんです。つまり、政治献金を私的に流用していた疑いがあって、保守党の幹部会でその説明を求められたいたんだそうです。

scheer dec132019
(政治家としての未来も絶たれたのでは・・。Global Newsサイトより。)

で、多分それを認めたんでしょう、辞任ではなく党首を「解任・クビ」にされた・・・。全然違いますね、内容が昨日と。確かに昨日は速報でしたし、詳しい内容が出ていなかったので、記事としても直近の総選挙の敗北が原因というような感じでの報道でしたが、ふたを開けてみれば不祥事による解任・・。


これが保守党支持層への影響が限定的であることを望みます・・。そしてちゃんとしたリーダーが保守党を率いて欲しいものですね。







(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)
スポンサードリンク