去年末、ケベックシティーで営業していた最後のケンタッキー・フライド・チキンの店舗が閉店しました。ただこのお店、労働組合にも従業員にも何の通達もなくいきなり閉店したみたいで、労働組合側がオーナーに対して、未払い給与の支払いや補償金の支払いなどを要求しています。

PFK DEC312019 01
(閉店を告げる張り紙が・・・。CBCニュースサイトより。)

ちょっと前のブログでも書きましたが、従業員・顧客に通達せずにビジネスから撤退するって当たり前の感覚なのかな?こちらでは。


ちなみに・・・。ここケベック州ではケンタッキー・フライド・チキンはKFCではなく、PFKって書くんです!Poulet Frit Kentuckyの略なんですが、これはFrid Chickinのフランス語版。こちらに旅行に来られた日本人の方が珍しがって写真を撮っているのを何度か見たことあります。


話を戻しますが、結局この撤退、採算が取れないからのものみたいで、フライドチキン自体は人気商品なんですが、ケベックシティー内でもより健康面に配慮した商品を提供しているお店もあり、そういう競合他社に負けたって感じみたいですね。でも立つ鳥跡を濁さずっていう精神がちょっとほしかったですねー。。







(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)
スポンサードリンク