こんなショッキングなニュースが。モントリオールの中心街やその周辺地区には沢山の商業施設が立ち並び、またモントリオールを含めたケベック州の経済状態も悪くはありません、今のところ。しかしながら、モントリオールにおいて1階部分の商業施設は約7,000スペースほどあるそうですが、そのうちの1,000スペースが空き家、テナントが入っていない、経済活動が行われていないんだそうです。


そう言えば、私は頻繁にはモントリオール市内にはいきませんが、でも確かに1階部分において閉まっているスペースが多い施設は見かけますね。

vac JAN192020 01
(確かにこういった感じの状況よく見かけます。Montreal Gazettaサイトより。)

その理由は多々あるようですが、記事によると、ビジネスでの選別化ができなていない、というのもありました。つまり、同業他社と選別化できないために客が寄り付かず、結果つぶれて空き家になる。。特に飲食や食品販売のお店で多いみたいです。確かにこれには一理ありそう。だってこれ本当によく見かけますもん。


あともう一つは、ケベック州において、事業を破綻させても個人にまではその返済義務が及ばないっていうのがあるのかな、と思いました。つまり、私がお店を始めてそして結果つぶしたとしても、お店経営で出した負債は私個人が支払う必要はなく、お店がなくなった時点で返済義務がなくなるんです。これって一見よさげに見えますし、ビジネスに飛び込むハードルが低いように見えますが、実際にはあまりビジネス見積もり、無計画にビジネスを展開して、つぶれる店が後を絶たないようなんです。これも空き家率の高さと関係あるかも。


ともあれ、空き家率が高いと結果その施設自体への集客が減る可能性もあり、悪循環に陥りやすいので、この点こそモントリオール市がもっともっと力を入れて改善するべきでは??







(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)
スポンサードリンク