少し古いお話ですが、これは先月の2020年1月にケベック州の州都・ケベックシティー近郊で起こった殺人事件についてのことです。この事件でMarylène Levesqueさんと言う22歳の女性があるホテルで殺害されてしまいます。実は彼女、いわゆる「売春」を仕事にしている女性で、仕事でであった男性に殺された、との見方が当初より出ていました。

PAROLE FEB012020 01
(殺害されたMarylène Levesqueさん。CBCニュースサイトより。)

そして警察の調べの結果、容疑者としてEustachio Galleseと言う51歳の男性が逮捕されます。実はこの男、去年2019年3月に、2004年に起こした当時の内縁の妻殺人事件で受けた懲役刑(確か30年くらいだったと思います)で服役していましたが、仮出所しているんです。

PAROLE FEB012020 02
(今回の事件で身柄を拘束されたEustachio Gallese。CBCニュースサイトより。)

で、仮出所の際に厳しい条件が付けられていて、女性との接触(お付き合いをすることや性的交渉を含めて)も当初は厳しく禁止されていたんですが、それが最近解除され、その矢先にこの殺人事件が起こったんです。


これに対してケベック州政府はカナダ連邦政府に対して、どのような理由でEustachio Galleseを仮釈放したのか、また同じくどのような理由で仮出所条件の緩和をしたのか、厳しく問い詰めており、連邦政府も調査に乗り出して回答するとのこと。


こういう事件が起こるたびに思うんですが、過度に犯罪者の人権を考える必要はないと思うんです。仮出所制度も、あくまでも比較的軽い犯罪に留めるべきで、殺人事件などの重い犯罪の場合は仮出所なしにすべきではないでしょうかね。この点、人間と言うか、各国政府はいつまで経っても同じ過ちを繰り返している気がしますし、それに対して責任を取ろうとしていない気がします。


加害者の人権や社会復帰を考える前にまず、被害者の気持ちや加害者当人の罪の重さをしっかり考えた上で初めて考慮すべきことではないでしょうかね。その前提条件が致命的に欠落している・・・。


一刻も早く「被害者中心」の制度の変わることを祈ります。








(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)
スポンサードリンク