何かと不安が多かったカナダへの帰国ですが、結果から言えば心配は杞憂に終わり、いつも通り普通に入国できました

出発地の福岡空港は大変閑散としていました。時間帯等の影響もあるんでしょうが、昨年夏に一時帰国した際はもっと人が多かった・・・。まあこれは確実に中国・韓国からの旅行者受け入れ停止が影響しているのでしょうが、オーバーツーリズム気味だったので、この機会に特定の国や地域に過度に依存しない体制を福岡を含めた九州その他の観光地は作り上げて欲しいですね!「Discover Japan」運動を国内でやるとかね。


成田空港も確かに人出は少ないような気がしました。特にいつも混雑しているセキュリティーチェックがスムーズに行けたのもその証拠かと。ただし、エアカナダの東京-カナダ間の飛行機って、夕方に集中しているんです。だいたい午後6時ごろに。この時刻に、東京-トロント、東京-バンクーバー、そして東京-モントリオール便が続けざまに飛ぶんですよね。

MVIMG_20200311_151557
(時間帯の影響もあるでしょうが、閑散としている成田空港。)

で、搭乗客はどの便も結構多かったです。予想では搭乗率は50%ぐらいかな?と思っていましたが、多分通常と同じく80%以上はあったのでは?

MVIMG_20200311_163656
(空港内もそれほど人が多い感じはありませんでした。)

そして問題のカナダ到着後。


特に日本からの入国者と言うことで特別なチェックはなく、ただ自己申請で中国への渡航歴があるか、などを聞かれたのみ。体温チェック等は一切なく、いたって普通・通常の入国審査でした。


ただ今後これが厳しくなる可能性はあるので、とにかく無事カナダに帰ってこれてホッとしました!







(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)
スポンサードリンク