これは私は英断だと思うんですが・・・。

冬季オリンピックと並んで国際的に権威のあるフィギュアスケートの国際大会。本来であれば来週3/16よりここカナダ・モントリオールで大会が開催される予定でしたが、ケベック州政府の判断により電撃的に中止されることに。

ISU MAR122020 01
(選手の皆さんは残念ですが、しょうがないことかも。Global Newsサイトより。)

確かにケベック州自体、現在までコロナウイルスの感染は4名と少ないですが、沢山の国から沢山の人たちが集まると言うことに危険性を感じて、ケベック州政府の保健相が大会開催の許可を出さなかったそうです。


国際スケート連盟等は開催したかったでしょうね、金銭的な利益等を考えれば。でもここでしっかりと州政府は状況を考察して中止にしたのは、私は良かったと思いますよ。


まあこの評価は後日出てくるでしょうが、日本の安倍さんといい、政治家はこういった場面でちゃんと責任を取る形で判断する必要があると思うんです。そしてそれをした場合、どうしても反対意見も出てくると思います。でもそこでくじけず、それを含めて総合的に勘案して判断・決断するというのは、政治家として一番大切な資質ではないでしょうか?


そういう資質もなくただただ機械的に何でも反対する野党、無責任に批評する「評論家」と言う胡散臭い職業の人たち。こういう重要な・影響の大きなことに対する決断をする政治家・政府を観たら、それが良いか悪いかは別にして、野党や評論家がいかに「ぺらい」考えしか持っていないかっていう言うのがよくわかる気がします。







(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)
スポンサードリンク