もうかなり前の情報となりますが、3月の第二週、ここカナダでは夏時間に入りました。なので、モントリオールと日本の時差は13時間となります。

毎年これが面倒なんですよねー。現在PCやスマホ等の機器は自動で時間調整しますが、置時計や調理器具のタイマー等は手動で変えないといけないんですよね。

また農業従事者等は、例え夏時間が始まっても、決まった時間に家畜への餌やり等を行わないといけないので、結果面倒事が増えるだけという印象に・・・。


そんな中、ユーコン準州において1月末から2月初めに行ったアンケート(約5,000人近くが回答)によると、93%の人が夏時間・冬時間変更を止め、夏時間を今後正式採用して、時間調整は一切しないようにしてほしい、との意見を持っていることが判明。これを受けてユーコン準州では今回の夏時間設定を最後に今後時間調整を行うことをしないと表明しました。

Daylight MAR132020 01
(確かに利点も多いですが、面倒事も多い時間調整・・。Global Newsサイトより。)

これは個人的には良いことと言うか、理にかなっていると思います。これを受けてBC州等も同じ動きをしているようですが、ただ問題は他の州、及びアメリカの対応ですね。と言うのは、夏時間等の調整を止めた場合、周辺の州との時間調整をやっていかないといけないことになるから。特にビジネス面ではちょっと面倒事が増えそう。


なのでBC州では州政府は周りの州の動きを見て、一斉に決定する方が良いという判断をしているそうです。


ケベック州も夏時間等の時間調整を廃止して欲しいですねー・・。







(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)
スポンサードリンク