ちょっと前のブログでもお伝えした通り、ケベック州政府はコロナウイルス対策として色々な要請を出しております。基本的には個人や市企業向けは要請と言う形ですが、公務員等については「強制」という形で対応策を出しています。


例えば、コロナウイルス感染が報告されている国だけにとどまらず、カナダ国外からケベック州に入った人は自主的に14日間の隔離生活に入って欲しい、など。

更に先週は日本と同様、全ての学校を3/30まで2週間休校にするように指示を出しております。この時期はここケベック州でも学校は春休みに入るんですが、それは通常はもう終わっている時期。そこに新たに2週間の臨時休校となるので、親御さんはちょっと大変かもしれませんが、元々日本よりも在宅勤務体制や職場に子供を連れてくることがある程度認められている環境ですので、その点に関しては大きな混乱はないかも。

また、70代以上の方の感染による死亡率が高まっていることを受け、70代以上の人に外出自粛を要請したり、基本的に介護施設や老人ホームなどの施設への訪問を原則禁止にしたりと、矢継ぎ早に毎日いろいろな要請を出しております。

さらにさらに、これはケベック州政府からの要請ではなく、連邦政府からの要請ですが、海外に今いるカナダ人の速やかな帰国を要請しております。つまり、今後いつ「入国制限」をかけるかわからないので、極力早く帰国するように、との要請でしょう。そう考えると、3月半ばに帰ってこれてラッキーだったのかも。


22917418
(州政府も危機感を持って対応していますね。Global Newsサイトより。)

ちょっと行き過ぎの感を感じる人もいるでしょうが、水際対策としてはアリかな、と思います。ただ、中国等の共産圏ではなく自由民主主義の社会なので、一人一人の意識の持ちようと協力姿勢がないとこういったことは徹底できません。その点では日本って素晴らしいんですけど(勿論例外も沢山ありますが)、カナダでは過度に個人主義が発達している面もありますから、徹底されるかどうかは不透明ですね。


でも少なくとも、州政府がガイドラインを出したことは評価できると思います。


また、毎週色々と情報発信をし、都度状況に応じて新しい要請もしていくとのこと。こういったスピード感ある対応は、ケベック州の感染者数が少しずつ増えてきていることから出てきたものですが、この対応は私は良いと思います。


後は各州と連携して連邦政府がもっともっと素早く動いてほしいですが、依然足取りが重いですよね・・・。補助金等のことは話題に出ていますが、依然入国制限は話に上がってきていない模様・・。ここがしっかりしないと、いくら州政府が動いても、感染拡大は防げない気がするんですけどねー。。。


とにかく、一刻も早い終息を祈っています・・。







(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)
スポンサードリンク