昨日3/16、カナダのトルドー首相は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、カナダ現地時間明日3/18(水)より以下の措置を取ることを発表しました。

Canada MAR162020 01
(新型コロナウイルス感染拡大防止策を発表するトルドー首相。Global Newsサイトより。)

- カナダ国民及び永住権保持者以外のカナダ入国を禁止する。
- ただし、アメリカ国民、航空業界関係者(パイロットやフライトアテンダントなど)、外交官、カナダ国民及び永住権保持者の直接の家族等は上記に当たらないものとする。
- 新型コロナウイルスの症状がみられる場合は飛行機の搭乗を強制的に禁止する。これは新型コロナウイルス感染が疑われる人のカナダ入国を阻止するための措置。
- 国外からのカナダ入国の空港を4つに限定する。トロントのピアーソン国際空港、モントリオールのトルドー国際空港、バンクーバーのバンクーバー国際空港、そしてカルガリーのカルガリー国際空港。
- 国内フライト及びアメリカ・メキシコ・カリブ海諸国向けのフライトは上記範囲に該当しないものとする。
- 全てのカナダ人に対して、できるだけ外に出ないように要請。


私は永住権保持者なので上記に当てはまりませんが、それでもタイミング的に帰国する日がちょうどカナダでの感染拡大に入る前なので良かったのかもしれませんね。今後は旅行者のカナダ入国はできなくなりますから・・・。これがいつまで続くかははっきりとはしていませんが、とりあえず3月末くらいまでは続くでしょうね。


また、上記措置により早くもWestJetと言うカナダの航空会社が全ての国際線運行を一時中断すると発表しております。


ただ、やはり経済的に強い結びつきがあるアメリカに対しては扉を閉じることができなかったみたい。でもそれはしょうがないと思います・・・。ここを閉じると本当にカナダ経済は死んでしまう可能性があるので。


まあ私も先週の帰国時より自主的に14日間の自宅待機を行っておりますので、特に不都合はありません。また、元々今の会社は在宅勤務OKなので、仕事上も問題はありませんしね。


ただ今後カナダ経済も打撃を受けることになりそうですね・・・。







(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)
スポンサードリンク