ケベック州では(その他の州も同様だと思いますが)毎日州政府が新型コロナウイルスの感染情報についての最新情報、並びに感染拡大防止案の発表と要請を行っています

QC MAR222020 01
(毎日定例報告を行うケベック州政府。真ん中がLegault州政府首相。Global Newsサイトより。)

就任当初よりアンチ勢力に非難され続けていたCAQ党党首で現ケベック州政府首相のFrançois Legaultさん。でも一連の新型コロナウイルスに対する素早い対応に対してはかなり肯定的な反応を得ているようです。確かにテレビやWeb等を見ていても、Legaultさんかなり初期段階から外出自粛要請を出したり学校閉鎖したりと、素早い対応をしていましたからね。その影響でしょうか、ケベック州ではまだ爆発的な感染拡大には至っていません。


しかしながら感染者数は増加傾向にあり、3/21時点で感染者数は184名、そして死亡者数は4人増えて5人となっています。しかもこの増えた4名の死亡者、全員同じ高齢者向けマンションに住んでいた方たちなんです。なのでLegaultさんは改めて、高齢者向け施設への訪問を固く自粛するように要請を出しております。


またその他、州内の化学薬品製造会社であるMedicagoに対して700万ドル(およそ5億6千万円)を補助金として支給し、この会社での新型コロナウイルスに対するワクチン作成を補助する決定をしております。このMedicagoは去る3/12、新型コロナウイルス対するワクチンとなりえる可能性のあるものを見つけた、と発表しておりますので期待ができるかも。余談ですが、このMedicagoって会社、今働いている会社のお客様でもあるんですよね。なんかちょっとうれしい。


また、現在3/31をめどに学校閉鎖していますが、このまま学校閉鎖を続けて5月まで休校にする案が浮上しております。そうなった場合、経済的な影響はまた拡大するでしょうね、悪い意味で。


更に、ケベック州政府では、州政府の要請に従わなかった場合、警察機構に特別権限を与えて逮捕や罰金刑を課すことを決めております。具体的には、ケベックシティーにおいてある女性が新型コロナウイルスに感染しているにも関わらず、州政府の自宅待機要請を無視して公共の場に姿を現したことに対して、ケベックシティーの警察はこの女性を逮捕しております。


多分今後こういったケースが増えてくるかも。


正直街中は交通量もめっきり減っているし、私自身あまり外に出ないようにしているので一概には言えませんが、それでも外に出ている人の数は極端に減ったように思います。


ただいつまでもこのような状態ではいられませんので、本当一刻も早い終息、それにはこの新型コロナウイルスの解明及びワクチン等の開発を進めて欲しいものです・・。







(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)
スポンサードリンク