昨日のブログは、最近コロナウイルス関連ばっかりでご紹介したいお話がなかなか出せなかったので、ちょっと古いですが、気分転換と言うか、たまには別のお話も、と思って書いてみました。今後も時折こういう風に、ちょっと古いかもしれませんが、ご紹介したかったお話を少しずつ出していこうと思います!


さてでは一日空けたコロナウイルス関連情報ですが・・・。まずカナダ全体での感染者数は1万人を突破。特にここケベック州では感染者数増の傾向。ただ、死亡者数は増えておらず、感染者数に対する死亡者数の割合は0.3%ほど。


一方お隣のオンタリオ州もケベック州ほどの増加率ではありませんが、感染者数は増加の一途。ただケベック州と違うのは死亡者数も増えてきている点。既に50名を超え、同じく感染者数に対する死亡者数の割合は1.9%と、ケベック州に比べて約6倍ほど・・。


そうした状況でオンタリオ州のフォード州政府首相は今のままの外出自粛等の制限が続いたとした場合、4月末までで約8万人の感染者、1,600人の死亡者を予測しているそうです。なのでもっと厳しい規制が必要なのと、やはり一人一人がしっかりと現状を認識して行動することを訴えていますが、でもそれでも外出する人が多いみたいですね・・・。これはもっと強力な措置を取る必要が出てくるかもしれませんね。でもその場合はオンタリオ州だけでなく、ケベック州でも同様かも。

7dc419c0-75dc-11ea-beff-2232a8b1df86
(感染者数の予測値。Ontario州政府サイトより。)


56eb2f50-75dc-11ea-bbf3-18a863074a9c
(そして死亡者数の予測値。Ontario州政府サイトより。)


そしてアメリカにある医療用マスク等を製造する会社、3Mに対して、トランプ大統領はマスク等の商品を海外に販売しないように指示を出しました。特にこの3Mって会社、カナダ向けに沢山のマスクを販売している会社で、これによりカナダでマスク不足が起きる可能性が大きいです。これに対してすぐにトルドー首相はアメリカに対して非難と言うかメッセージを出しましたが・・・・。

55
(カナダはこの会社から大量のマスクを購入しているのですが・・・。Yahoo!サイトより。)

でもこれ、トランプ大統領の立場で見ると、当然の行動だと思います。まずは自国民の保護を最優先に考える・・・。それこそ一国のトップの責任であり、行動指針の最たるものだと思うんです。一方ここカナダのトルドー首相はその点の資質が致命的に欠けているので、こういうケースに遭遇したら対応できない・・・。こういうケースこそ政治家が動いて解決するべきものなのに・・・。


まあ未曽有の事態ですので、どこの国も手探りでの対応と言うこともあるでしょうが、少なくとも毎日のテレビ等を見ていると、トルドー首相よりもLegaultケベック州政府首相の方がリーダーシップ、判断力、政治力で州民から支持されている気がします


勿論トルドー首相もやれることはやっているんでしょうが、いかんせん先読みできていないというか準備不足と言うか、どうしてもカナダ各州政府の対応と比べると、劣っているように見えるんですよね・・・。もっともっと前面に出て、今こそ「カナダ国民のため」だけを考えて行動する姿を見せることが、結果的にカナダ国民の気持ちを軽くすると思うんですけどねー。。。正直、今の状況では他の国のことを考えられないというアメリカの行動はアメリカ人からしたらホッとするんじゃないんですかね??


うーん、今後カナダはどうなるか…。でも私は個人的にLegault州政府首相の行動や判断は素晴らしいと思っているので、私自身の職の危機はともかく、政府としての行動を支持していきたいと思っています!







(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)
スポンサードリンク