昨今の日本のコロナ対策関連のニュースを見ていると、本当に不安を覚えてしまいます。経済支援等に関しては、色々な意見はあると思いますが、とりあえず一律給付っていうのはアリだと思いますし、思い切った支援をしていると思います。まだまだ追加での支援は必要でしょうが、この点は特に問題はないのかな?と思っています。


問題はコロナウイルス対策の本丸、どうやって感染拡大を防ぐかという点。


これ、海外在住の日本人、特に感染拡大がひどいヨーロッパや北米、そしてうまく対処した(している)アジア各国にお住いの方は感じているんではないでしょうか。


私が住んでいるカナダ・ケベック州では、まだ感染者数が二けたくらいの時からケベック州政府は自粛要請を始め、そして不必要なビジネスの活動をとりあえず3週間をめどにいったん停止させました。その3週目が今週。今の状況ではこの自粛は延長せざるを得ないと思いますが、それでもここまだ感染が広がる(現地時間4/4時点で州内の感染者数は7,000人ほど)前段階で厳しい外出自粛策を導入してこの結果ですからね。

200403103127
(本当に大丈夫かな、日本は・・。CNNサイトより。)

ある医療関係者が言っていましたが、今やっている対策は「3週間後のため。3週間後にその影響を見ることができる。」って言っていました。つまり、色々な対策、外出自粛等がありますが、この効果が出るのが大体3週間後らしいんです。


今確かにケベック州を含めてカナダ全土で経済的には厳しい人ばかりとなっていますし、私もいつLayoffされるか不安ですが、その点でも国や州は今できることをやってもらっています。なので、皆不満もあるでしょうが、頑張って耐えている状況です。


翻って日本ではどうでしょうか?対策方法が違うっていうのも勿論ありますが(日本では感染集団を早期特定してつぶすっていう方策らしいですね)、やっぱり海外と比べて一人一人の危機意識、そして行政の危機意識が低いと思います。


特に行政。中央政府の安倍さんもやや意識が低いかな?とも思いますが、私が驚いたのは各地方、特に都道府県の行政の危機意識の致命的な低さについて。勿論全ての都道府県知事がそうではなく、中には北海道や大阪のようにリーダーシップを発揮して事態をコントロールしようとしている素晴らしい人たちもいる反面、多分、知識としてもこの感染症の情報が入っていない、入れていない知事も沢山いるような気がします。この状況で学校再開を言う知事もいるんですね?頭がおかしいとしか思えないし、そんな人が県のトップなんて、悲劇でしかない・・。


こちらでは学校は強制的に5/1まで休校となっており、これも状況次第で延長される予定。


本当、この状況は各行政のリーダーの「リーダーとしての資質」を徹底的に洗い出してくれていますよね。利権絡みでトップになった、本来リーダーとしてのスキルも経験も資質もない人間は、やはりこういったケースではそれがぼろぼろと出てきますね。


私もここケベック州で窮屈な状況ですが、日本のことが心配でなりません・・・。本当、バカなトップは次の選挙を待たず、すぐにリコールして追い落とすことはできないんでしょうかね・・・。


現在日本では緊急事態宣言を出す予定と言っていますが、ちょっと遅いかも。でもやらないよりはやった方がましだし、この宣言で人々がもっともっと危機感を持ってくれれば・・・。








(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)
スポンサードリンク