コロナウイルス騒動で世界中が大変な中、この事件がカナダ国民に与えた衝撃はかなり大きいもので、連日コロナウイルス関連ニュースと同じくらい報道が行われています。


その後の警察の発表により、死亡者総数は22名と判明。カナダ史上最悪の無差別殺人事件となりました・・・。


まだ犯人であるGabriel Wortman(51歳)がなぜこのような事件を起こしたのか、その動機は判明していません。Gabriel自身が死亡しているので、本当の動機は謎のままでしょうが、何かしら今回の行動を起こすきっかけや原因となったものが彼の周辺から見つからないか、警察も探していることでしょう。


一方あるニュースサイトにおいて、彼が19年前に小さな傷害事件を起こしていたことが判明。ただし、その事件の裁判において、9か月間の保護観察処分、傷害事件を起こした相手への接近禁止、銃などの殺傷能力のある武器の携帯禁止等の条件を守ったのち、犯罪歴からこの事件は消されたようです。

6bd70c5ceb45b34ee3aedaf5e27d4103

(Gabrielに対する19年前の保護観察命令書。CBCニュースサイトより。)

これは日本にもある制度なのかもしれませんが、比較的軽い罪の場合、罰金刑や上記のような執行猶予的な条件を設定して、それをクリアすれば犯罪自体がなかったことになります。


ただこの19年前の事件が今回の事件と何かしらつながっているかどうかは不明。


更に別のニュースでは、彼が事件を起こす直前、警察車両にカモフラージュした車から降りて、警察官そっくりの格好をするところをとらえた監視カメラの映像を公開しています。それがこちら:



本当に恐ろしい事件です・・・。何かしらの原因があったはずですが、それをぜひ明確にしてほしいです、難しいと思いますが。そうでないと、突然こういう事件が起こると社会的にも不安が増していくと思いますので。ただでさえコロナ関連で人心が不安な今、これ以上こういう事件が起きないことを祈ります・・。







(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)
スポンサードリンク