これはもうある程度しょうがないかもしれません。モントリオール都市圏での感染拡大に歯止めがかからない状況、並びに例え学校再開になったとしても、後2-3週間もすれば学期末で夏休みに突入。であれば、無理せずに9月の新学期まで延期と言う流れは当然かもしれませんね。ただ、モントリオール都市圏以外では既に学校が再開されているので、そことの絡みと言うか、学習内容の違い・遅れ等は何かしらの対策が必要になるでしょうね。

MAY142020 02

(感染拡大が止まらないモントリオール。在モントリオール日本総領事館からのメールより。)

その他ケベック州でのコロナ関連の気になるニュースを。

【Legault州政府首相の支持率が下落傾向。】
コロナ感染流行当初はその素早い行動で最大95%まで支持率が伸びましたが、その後長期介護施設での予想外の死者数増加、学校再開方針が二転三転したりと、Legault首相自身も未曽有の危機で誰も経験したことのない非常事態に振り回されている面が出てしまい、先週は88%、そして今週は77%と支持率が低下。それでも80%弱の支持率はかなり高く、人々はまだまだLegault首相の対応を評価している、ということだと思います。


【州政府、マスク着用を推進へ。更に義務化にも言及。】
以前も当ブログでお話した内容ですが、再度Legault首相は定例記者会見で、自身が20年前に訪れた日本において、他社への気遣いからマスクを着用するという文化を思い出している、と言っていました。何度聞いても日本が褒められるのはうれしいですねー。で、州政府としてもマスク着用を推進していますが、現在のところ義務化まではいかない模様。義務化までは難しいでしょうが、マスク着用の啓発行動は必要でしょうね。


【ゴルフやテニス(シングルス)、等の接触のない個人スポーツの再開を5/20から始める模様。】
でもゴルフって何人か一緒にコースを回るのでは?と思ったんですが、2mの距離を取ればOKってことでしょうかね。まあ、最近天気も良いし、きちんと感染防止策を取っているのであれば、適度なスポーツの再開は必要だと思いますので、これは良いニュースだと思います。


【ケベック州政府財務大臣、今年のGDPは4-6%減、回復まで3-5年かかると予想。】
確かにそれくらいはかかるでしょうね。ただしこれは5/25にビジネス再開した場合、という条件のもとのシミュレーションのようです。現状、モントリオール都市圏の感染拡大傾向に歯止めがかからないので、ビジネス再開が更に延期されたら、悪影響がますます大きくなるということですね・・。


【モントリオール都市圏、感染拡大が今後数か月続くと予想。】
これはケベック州保健研究所がラヴァル大学と共同で行った予測で、それによるとモントリオール都市圏では今後数か月感染拡大が続くと予想。楽観的シナリオでは5月で頭打ちとなりその後減少傾向に。悲観的シナリオでは8月を過ぎても減少傾向が見られないと予想しています・・。本当、モントリオール都市圏はやばい・・。

MAY142020 01

(このシミュレーション結果、ちょっと怖いです・・。在モントリオール日本総領事館からのメールより。)

【モントリオール市内で市中感染が上昇中。】
ここ数日、モントリオール市内ではオープン空間での市中感染が毎日200 - 300件(3-4月は平均で175件)報告されており、5/3からは感染者数の過半数を占めるに至っているそうです。家の中や食品店、道路等で感染が広まっている、感染源となっているらしいんですが、そうなるともうどうしようもないですよね、完全自宅大気になるより他には方法が・・。モントリオール都市圏で感染拡大が持続しているのも、こういう感染経路が不明、市中感染が大きな原因なんでしょうね。。


【ケベック州の一日当たりの死者数は世界のワースト7位。】
これもうれしくない情報ですが・・・。ケベック州およびモントリオール市がカナダの感染の震源地となっています・・。ただ、大半の市民・州民は自宅隔離措置に従っているんですよね。なので、一部のおバカな人たちが感染を広めているのかな?とも思うんですが・・・。以前もお話した通り、ケベック州での死亡者数の大半がお年寄り。82%が長期介護施設で死亡、74%が80歳以上、97%が60歳以上となっています。

この長期介護施設の問題への緊急対応で、当局が施設間の人員の融通を認めた結果、医療感染してしまったという面も。モントリオールでは感染者の5人に1人が医療従事者と言う統計も出ています。でもこれは本当に悲しいですが、背に腹は代えられない措置だったと思います。


また以前なぜモントリオールでは感染率が高いのか、でお話した通り、モントリオールで感染拡大している地域はその特徴がとても類似していて、低所得で大きな移民コミュニティーがあり、且つ沢山の有色人種や質の悪い住居の居住者内で感染が広まっているみたいです。



本日5/14時点まででケベック州での感染者総数は4万人を超え、40,724人。死亡者も3,000 人を超え3,351人となっています。うち、長期介護施設で亡くなられた方は2,059人と、やはり一番の問題は長期介護施設のようです。ここをうまく対応できるかどうかの傾向がそろそろ見えてきても良いと思うのですが、まだ効果は出ていないのでしょうかね・・・。




ほんの2か月ほど前まで、日本の方が危ないと言われていたのに、現在ではケベック州だけで4万人以上の感染者、3,000人以上の死亡者と、世界のほかの都市と比べてもかなり被害の大きい状況になっています・・・。


とにかく、自宅隔離を徹底して、原因不明の市中感染をなくすこと、長期介護施設のケアに全力を挙げることがまずは必要なのではないでしょうかね・・・。


ちょっとケベック州はかなり悲観的なシナリオに沿った状況となっているようです・・。







(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)
スポンサードリンク