ここ1週間弱、ケベック州におけるコロナウイルスによる死者の数が減少傾向に入り、毎日2桁に減少。そして昨日月曜日(5/18)は死亡者数34名と、約1か月ぶりの低い水準に。ただ昨日月曜日はカナダでは祝日。もしかしたら、きちんと死亡者数の統計が取れていない可能性もあるかもしれませんが、何より減少傾向に入ったのは良いことだと思います。


が、Legault州政府首相はケベック州民に決して気を緩ませないよう、他者との距離を取ること、マスクをつけることを改めて州民に強くお願いしております。

MAY192020 01
(改めてケベック州民に防疫をお願いするLegault州政府首相。Global Newsサイトより。)

ただ、この減少傾向を受けて、先延ばしになっていたモントリオール都市圏における小売店(ただし、外に向けて出入り口がある路面店が対象)の営業再開を予定通り5/25に行うとのこと。また、保育園施設も6/1より再開すると発表しております。


まだまだ油断は禁物ですが、これまでの統計上、コロナ感染による死亡の危険性は年配の方に集中し、且つ死亡者数も減少傾向に入った模様ですので、そろそろ経済的に再開の動きが出ても良い頃合いだと思います。今を逃すと、また第二波に備えよ!っていう意見の人たちが台頭してきて、営業再開が遅れて、結果州経済が壊滅するくらいのダメージを食らう可能性も。。なので、ここは予定通り5/25の再開を期待しています!


先は長いでしょうが、少しずつケベック州でも光明が見えてきたようです。







(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)
スポンサードリンク