コロナウイルス感染拡大状況も落ち着きつつあるケベック州およびカナダ。でもまだまだ油断はできず、州政府・連邦政府ともに油断はしていない様子。ビジネス等の再開など、少しずつ日常に戻る動きも出ていますが、まだ規制をそのまま適用しているケースも沢山あります。


そのうちの一つが、「他州への移動の禁止・制限」です。どういうことかと言うと、例えばケベック州からお隣のオンタリオ州への移動は、緊急でない限り規制されているんです。警察官がチェックしたりしています。ちなみに、各市町村が独自に封鎖をかけて、地元民以外の流入を防ぐ方策をとっているケースも。先週、天気が良かったので久しぶりにバイクでツーリングしていたんですが、モントリオール北西部にある、ネイティブ・カナディアン(いわゆるインディアン)の居住地であるOKAと言う街で、その街の入り口で住民が検問を張っていて、通過するだけの予定だったんですが、通行させてもらえず引き返しました。こういう風に、独自の封鎖を行っているところも。


さて本日のニュースはそんな州境封鎖の影響をもろに受けている人たちについて。ケベック州の東隣の州・ニューブランズウィック州に住むNadine Bolducさん。彼女の両親はNadine Bolducさんが住む家からたった80mしか離れていないのですが、その間にはなんとケベック州とニューブランズウィック州の州境があるんです。。。

JUN032020 01
(これもコロナウイルスがカナダに持ち込んだ悲劇の一つですね。CBCニュースサイトより。)

そしてニューブランズウィック州のコロナ対策の一環として制定したルール、「他州(特にケベック州に対してでしょう)から移動してきたものは14日間の自主隔離を行うこと」のため、両親に会いに行けないんです。


うーん、ちょっと融通を利かせても良い気はしますが、また逆に今回のコロナウイルスは高齢者に被害が大きいので、完全に収まるまでは両親を訪ねないのも良いことかも。


本当、このコロナウイルス騒動は色々なものを分断していますね・・。早く収まってほしいものです。







(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)
スポンサードリンク