早いもので、3月上旬に家庭の事情で一時日本に帰国したのち、3月中旬にカナダへと帰ってきました。その当時はカナダ国内ではまだコロナ感染は広がってなく、逆に日本からのコロナ持ち込みを過度に警戒されていたので、私は会社とお話して自主的に隔離生活・在宅勤務を行っていました。それからカナダ国内、特にケベック州での状況が激変し、以来一度もオフィス出社することなく在宅勤務を続けております。

JUN102020 03
(コロナ感染拡大は生活を一変させましたね。。TheGlobeandMailサイトより。)

一方、奥さんのお仕事は基本的に在宅勤務できないお仕事。それでも在宅でできることを奥さん所属の部署が探して行い、またスタッフに順番に夏季休暇を取らせたりして状況をうかがっていましたが、つい先日から、ローテンションで週一の出勤になったみたいです。残りの週四は相変わらず在宅勤務ですが、週一出社。こういう風に徐々に徐々に緩和されていくのかな?


私が働いている会社はまだ出社OKを経営陣が出しておらず、逆にこのまま在宅勤務が当たり前になる・しようと言う雰囲気。確かにこのコロナ騒動前から、同僚の中には週一出社、残りは在宅勤務とか、ほとんど出社せずに在宅勤務とか、ある程度自由に、ただ勿論業務はしっかり遂行する必要はありますが、出社できていたんです。


要は仕事さえきちんとできたら、働く場所はどこでもOKっていう感じだったんです。


それが一般的になるかも。今会社では上限$300(約24,000円)までの必要経費を各スタッフに設定し、「快適に在宅勤務できる環境設定への投資」を進めています。例えば、ヘッドセットやキーボード、ディスプレイやラップトップスタンドなど、自宅で快適に仕事するのに必要な機材等を会社の経費として購入できるというもの。これは素晴らしい。


基本的に私は仕事の際はディスプレイを2台以上使っていて、でも在宅勤務ではそうはいかず、ちょっと面倒くさいなって思っていたので、これでディスプレイ買おうかな・・。


次にオフィス出社するのはいつになることやら・・・。まあ在宅勤務でもOKなんですが、私は週一でも週二でもよいので、オフィスで仕事したいなー・・・。







(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)
スポンサードリンク