このアンバーアラートについては当ブログでも何度かお話ししましたが、アメリカやカナダ(ヨーロッパ等でもあるのかな?)において、誘拐事件などが発生して子供などが行方不明になった際、すぐにその情報を関連地域の人たちに配布するシステムのことで、例えば、高速道路等での電光掲示板上に情報を載せたりします。


現在ではこのシステムが進化して、確か2-3年前だったと思いますが、スマホに向けてアンバーアラートが送られるようになっています。


そして、公共のシステムに乗っかるだけでなく、沢山のウェブサイトやコミュニティーにおいて、アンバーアラートが共有できるようになっているんです。


つい最近、ケベック州で10代と10歳未満の女の子の姉妹とその父親が行方不明になる事件があり、このブログを書いている現地時間:7/11時点ではまだ事件が解決していません。そしてこの事件はすぐにアンバーアラートとなって、ケベック州全域のスマホに向けて共有されています。さらに他のいろいろなサイトにおいて、アンバーアラート情報が表示され、州民に周知されています。

JUL112020 02
(私のスマホあてに届いたアンバーアラート。)

JUL112020 01
(同じく、よく使うアプリ上に表示されたアンバーアラート。)


例えば誘拐事件などの場合、日本では犯人を刺激しないようにということで情報統制をする傾向が強いと思います。それが良いのかどうかはわかりませんが、ここカナダやアメリカでは、勿論情報統制することもあるでしょうが、基本的には「素早く情報をできるだけ多くの人と共有」して問題の解決を図ろうという仕組みになっています。

JUL112020 04
(今回のアンバーアラートによる行方不明者3名。Global Newsサイトより。)

私は日本でもこのシステム導入した方が良いと思うんですが、どうでしょうかね??


** 追記 **
現地時間:7/11の午後、行方不明の姉妹二人の遺体が森の中で発見されたそうです・・・。父親はいまだ行方不明。お二人のご冥福をお祈りいたします・・。









(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)
スポンサードリンク