これは現時点では当然の措置かもしれません。特にアメリカ向けの政策だと思いますが、アジア地域での感染拡大や第二波の広がりが目に見えている段階において、自宅隔離は必須のものでしょう。


また、日本を始め、カナダから各国向けのフライトはまだまだ減便されたままなので、そうそう多くの人たちがカナダに入ってくることはないでしょうし、陸路でもアメリカとの国境はまだ「閉鎖(不要不急の理由がない限り)」状態。

JUL112020 06
(この件に関して、どれだけアメリカの圧力をかわせるか・・。Global Newsサイトより。)

ただそれでも外部からのコロナウイルスの持ち込み及び感染拡大を警戒しているんでしょうね。日本では警戒が緩んで、海外からの訪問を許可する方向で話が進んでいるようですが、ちゃんと対象地域や国を見極めて、且つしっかり隔離政策を実施できるようにしておかないと、感染が広がりつつあるのでそれが爆発的に拡大する可能性もあると思います。


やはりまだまだ国境封鎖、鎖国体制は貫いておくべきだと思いますが、どうでしょうかね。。。







(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)
スポンサードリンク