またまたISISのテロ、そして保釈がらみのニュースですが、今回はトロントでの出来事。2017年にトロントのCanadian Tireの店内でハンマーやゴルフクラブ、ナイフなどをもってISISを称賛する行為をし、且つ従業員を殺すなど脅した事件。幸いけが人は出ませんでしたが、この首謀者のRehab Dughmoshという女性はすぐに逮捕。懲役7年という判決を受けて服役し、そして今月8月には仮釈放される予定だったんです。

AUG022020 06
(イスラム系のテロ行為は今でも注意が必要ですね。Global Newsサイトより。)

が、刑務所内での態度や行動、そして仮釈放のための聴取において、「出所したらまた同じような事件を起こす。シリアに行かせてほしい」と言っていたといい、結果このまま仮釈放では社会に与える危険性が大きいということで仮釈放を取り消されています。


当然と言えば当然ですよね。ちょっと頭がおかしいとしか私は思えないです。ただ満期務めあげると嫌でも出所となるので、そこはカナダ政府や治安当局がしっかりとマークしていてほしいですし、できるなら一生拘束していてほしい。


ただこういうニュースがまたよく目につくようになっていますが、それによってさらにイスラム教徒に対する差別や偏見、そしてそれに対抗するようにイスラム教徒側が反発して泥沼の争いになりそうでちょっと怖いですね。


本当に宗教って、それに帰依していない人から見ると、ただただ厄介な代物にしか見えませんね・・。







(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)
スポンサードリンク