8/1から8/17までの約2週間強、モントリオール空港に到着した国際線のうち、12航路において、搭乗客からコロナウイルス感染者が確認されたそうです。ちなみにトロント空港においては24航路、バンクーバー空港では3航路、カルガリー空港では2航路において、国際線の乗客からコロナウイルス感染者が確認されたそうです。

AUG212020 04
(数字はちょっと違いますが、カナダ国内の国際線空港の感染者状況。CTVニュースサイトより。)


モントリオール空港に限って言えば、コロナ感染者が確認された乗客が乗っていた路線はメキシコ、パリ、アメリカ、リスポン、アムステルダム、ドーハなどなど多岐にわたっていますが、そのうちメキシコ線での感染者が一番多いみたいです。

AUG212020 05
(感染者が搭乗した国。CTVニュースサイトより。)

また、国内線においてもコロナウイルス感染者が確認されている模様で、やはり連邦政府が呼び掛けているように、不要不急の搭乗は止めるべきですね・・。モントリオール空港では当ブログでもお知らせしたように、サーモチェックが入っているので、搭乗前にコロナ感染が疑われる人の搭乗は防げますが、無自覚・無症状の感染者もいますからね・・。

AUG212020 03
(空の旅の一般再開はまだまだ先が長いようですね・・。CTVニュースサイトより。)

やっぱりワクチンが開発されるか、状況が落ち着くまで飛行機の利用や遠くまでの旅行は遠慮した方がよさそうですね・・。







(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)
スポンサードリンク