未だコロナ禍の影響は大きく、世界中でその爪痕の大きさを改めて感じます・・・。さらに、このコロナ禍、まだ終息しているわけではなく、色々な国や地域で感染者数が増加傾向にありますよね。本当、ワクチンや治療薬が出るまでは安心できませんね・・。


そんな中、モントリオール市長のValerie Planteさん、モントリオール在住の企業、特に繁華街であるダウンタウン地区にオフィスを構える企業に対して、従業員をオフィスに戻すよう、お願いしております。理由は簡単、地域経済活性化のため。オフィス勤務者がいないとなると、その人たちをあてにしているビジネス、例えば飲食業(昼食とか)、衣料品店(靴とかスーツとか)などのビジネスが壊滅的な打撃を受けているので、それを助けようということなんでしょう。

SEP062020 02
(モントリオール市長のValerie Planteさんの願いは届くのかな?CTVニュースサイトより。)

気持ちはわかりますし、地域経済活性化のためにも理解できます。が、現状では無理でしょう。私の会社も、当初は9月末までオフィスを閉めるという話でしたが、それを今年末までに延長しました。理由はスタッフの健康優先。オフィス自体は開いていますが、入室者は完全にコントロールされています。事前に連絡を取ってオフィスに来ないと入れてもらえないんです。


多分、他の会社も似たような状況なのでは?しかも、モントリオールでもコロナ感染者の数は増えていますし、ワクチンや治療薬もまだ・・・。いくらモントリオール市長が叫んでも、多分それを行う企業トップはほとんどいないと思いますよ。それよりも、後々増税等で自分たちに返ってきますが、市や州からの補助で何とか地域経済活性させては?ビジネスに壊滅的な打撃を受けている飲食業などは税優遇とか、タックスリターンも増やすとか。


それでも焼け石に水と言う感じもありますが、まともな企業トップであれば、自社スタッフの健康優先するはずですから、あまり意味のない市長のお願いになると思います。


もどかしいですが、コロナ感染者数が減少傾向に入るまでは、しかも入って安定するまでは、オフィスにスタッフを戻すという流れは出来づらいと思います。







(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)
スポンサードリンク