カナダ連邦政府の主席医務官・Theresa Tamさんは記者会見で、セックスの際にはキスはしないように、顔を近づけすぎないように、マスクを着用するように、と助言しております。


彼女はさらに、精液や愛液からのコロナ感染は殆ど無い、とも言っており、他のコロナ予防策と同様、セックス時にもできるだけ「接触を減らす」ことが大事と言っております。

SEP062020 04
(ネット上でもめちゃくちゃ突っ込まれている主席医務官・Theresa Tamさんの会見。Global Newsサイトより。)

確かに彼女の言っていることは「理論上」コロナ予防のためには正しいことだと思うのですが・・・。ネット上では何と言うか、これを茶化した発言が多いですね。愛を確かめ合う行為と言うか、セックスにはただ単に体を重ねあうだけ以上の意味がありますよね。それがキスなどの愛情表現であり、ぎゅっと抱きしめる行為であったり。


動物のような「機械的な生殖行動」とは違うので、体と体の密着度が心と心の密着度に比例している部分もあると思います。そこにマスクとかキス禁止とか、接触禁止となれば、なんというか、「冷めた」感情になる、もっと言えば、「ただ単に生殖行動」としてしか見ていないような感じになりますよね。


主席医務官の注意は的を得ていますが、愛あるセックスの本質を考慮していない気がします。でも確かに、コロナ感染を防ぐにはいろんな意味での接触を減らすことが一番ですから、主席医務官の気持ちもわかりますけどね。


なんか、「そこまで触れなくても・・・。」っていう記者会見だった気がします。。。







(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)
スポンサードリンク