少し前の当ブログで、ケベック州政府がコロナウイルスの各地域の感染状況を4段階に分けて表記・表示して、注意を促すという方法を導入したことをお話ししました。その際、モントリオール地区は4段階の下から2番目のレベル2(黄色(警戒前段階))でした。


それが現地時間先週日曜日9/20、ケベック州政府の保健大臣の記者会見において、モントリオール市に加え、州都であるケベックシティ、そしてショディエール=アパラシュと言う都市の3つの地域について、レベル3(オレンジ・警戒中レベル)に引き上げられました。これにより、各レストランやバーにおける1テーブルの最大シェア人数、私邸に集まることができる人数等の制限が強化されます。ちなみに各段階は以下のようになっています。


1段階:緑(用心)
2段階:黄色(警戒前段階)
3段階:オレンジ(警戒中レベル)** 今ここです。
4段階:赤(警戒最大レベル)


警戒最大レベルのレベル4の一歩手前。ちょっと危ない状況かもしれませんね。

SEP212020 01
(モントリオール市のオレンジが目立ちます・・。ケベック州政府サイトより。)


また、州政府からは、モントリオールや上記レベル3の都市から、警戒レベルが緑や黄色であるレベル1、2の地域への移動を極力避けるようにとのお願いも出ています。つい最近、モントリオール市内へのオフィススタッフ回帰をモントリオール市長さんがお願いしていましたが、やっぱりこういう事態になりましたねー。


更に昨日9/21には、ケベック州保険局長が現在ケベック州において第二波が始まったと発言。ケベック州政府としても、現在の感染数歳拡大が第二波だという認識であることを示しました。


ただこの第二波、世界的にも拡大しているようですが、幸い致死率はそこまで高くないみたいですね。油断はできませんが、その点はちょっと安心と言うか、心のゆとりが持てる点でもありますね。。


日本やヨーロッパ等の国々で、コロナワクチンや治療薬の開発のニュースが出てきていますが、まだまだ時間がかかるのかな??



とにかく、モントリオール市、コロナ感染再拡大中ですので、在住の方はお気を付けください!







(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)
スポンサードリンク