現地時間昨日9/28のケベック州政府首相・Legaultさんのアナウンスによりますと、ケベック州ではコロナの警戒レベルを最大の四段階目に引き上げ、且つモントリオール都市圏、ケベックシティ都市圏そしてChaudières-Appalaches都市圏の3つの地域において、9/30より28日間のLOCKDOWNを行うと宣言。

SEP282020 06
(Legaultさんにしても苦渋の決断だったんでしょう・・。Global Newsサイトより。)

これにより、レストラン・バー、映画館や図書館などは営業停止へ(ただし、配達・デリバリーは可)。またその他の商業施設やビジネス施設でも立ち入り禁止措置が取られる可能性があるようです。また、上記3地域に住んでいる人たちは他地域への移動も基本的に禁止。これ、春先に行ったLOCKDOWNを再度行うっていうことなんです・・。違う点と言えば、学校は閉鎖しないっていうところ。小中学校に高校、大学や保育所もかな??こういった施設は通常通りだそう。なんか、片手落ちと言うか、何かが抜けているような気がしますが・・・。


せっかく少しずつ経済活動も再開してきた時なのに、この第二波の影響でまたまたレストラン等のビジネスが危機に・・・。多分、オフィス等も閉鎖になる可能性があるので、オフィス街のビジネスもダメージを受けそうですね・・。つい1か月ほど前にはモントリオール市長がオフィス街に皆戻て来て!って言っていたのが懐かしい・・。



コロナ流行初期と比べてこの第二波では致死率がかなり低いという点は幸いですが、でも感染者数は増大傾向ですからね・・・。言っては何ですが、あれほど州政府がSocial Distanceを取れとか、マスクをつけろとか言っていたにも関わらず、沢山の人たちが自宅や屋外で集まって騒いだりしていた結果ですからね・・。ちゃんとルールを守っている人にとっては本当にとばっちりと言う面もありますが、ここでしっかり食い止めないとね、冬が来る前に。


でもこれでまたまたケベック州の経済状況に冷や水が浴びせられた形になったので、今後どうなるかちょっと心配。できることと言えば、このLOCKDOWNを28日間で終わらせるよう、ちゃんとルールを守るっていうことだけですね!







(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)
スポンサードリンク