これは予想されていたことかもしれません。。記事によると、コロナ禍が広まりつつあった今年3月頃からすでに食料品の物価は上昇していたみたいです。ただその当時はそういう感じはなかったんですが、確かに最近、スーパーに買い出しに行った際、対して購入していないのに、支払価格が増えている気はしていました。

OCT202020 02
(確かに、「高いなー」とは思っていましたが・・。Global Newsサイトより。)

私は基本的には週一、奥さんと一緒に次の週に必要な食料品とか日用品を買うんです。特に大きな買い物がない限り、大体毎週同じような金額になっていたんですが、確かに少しずつ支出が増えていました。


記事によれば、今後も食料品の物価は高値が続くそうで、現時点でもすでにいつもの年と比べて5-7%程上がっているそうです。まあ、カナダでは(他の国でもそうでしょうが)、毎年最低賃金の上昇率や景気・経済状況によって物価って変わってくる、もっと言えば、上がっているんですよね。ただそれはそこまで大きな額ではなかったと思います。


が今回のコロナ禍はではちょっと上昇率が大きい気も。しょうがないことかもしれませんが。


また、このような状況で、カナダ国内では食料品関連の職種で人不足が起きているようで、3万件近い求人があり、すぐにでも働き手が欲しいという状況だそうです。この点だけ見れば、雇用状況改善につながる良いニュースだと思いますが、大きな目で見るとやっぱり物価上昇は現時点では痛いですね。なんともうまくいきませんね・・・。


今後も高値が続くそうですが、それもできるだけ上昇率が抑えられるようにしてほしいものです・・。







(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)
スポンサードリンク