カナダとアメリカの国境が、緊急案件や許可を持つ人たち以外に対しては占められて半年以上。最初は今年3月にこの国境閉鎖が行われ、その際、その期間は最大で10/21までとなっておりました。


が、現在の両国のコロナ感染状況を見て、カナダ政府はアメリカ政府と協議して、閉鎖期間を11/21まで延長したそうです。まあこれは無難なところでしょうね。カナダでは第二波が、アメリカでも感染拡大が止まらない状況ですから、仕方ないところ。コロナ禍の感染拡大防止のためには必要なことだと思います。

OCT202020 01
(感染拡大が続く状況では仕方ありません・・。Global Newsサイトより。)

が一方で今月10/8、カナダ政府は、カナダ市民権保持者(カナダ国民)並びにカナダの永住権保持者の家族に対しては、入国規制を緩和して、入国できるようにしています。ただし、カナダ国内入国後は16日間の隔離措置が義務付けられているようです。それでも家族に会えるのはうれしいことですよね。


本当、一刻も早く全てが通常に戻ってほしいものです・・・。







(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)
スポンサードリンク