このコロナ禍の状況、モントリオールの公共交通機関であるSTMも、顧客数減少による影響を大きく受けています。しかしながら、このSTM自身は公共団体・会社なので、まあ旅客収入が減ったとしても、市政府や州政府から税金投入で生き残るというか、マイナス分を補填することは可能だと思います。

OCT232020 01
(STMも大変なことになっているんでしょうね、コロナの影響で.。Global Newsサイトより。)

公共交通機関ですので、ある程度の税金投入はしょうがないとしても、元々その料金設定の高さに比べてのサービスの質の悪さ等で度々批判を浴びているので、コロナ禍とはいえ、税金投入に反対する人が出てくるんでしょうねー・・。


さてそんなSTM、コロナウイルスに続いて、今度はコンピュータウイルスの被害にあっていたんですって。幸い、バスや地下鉄の運行自体には影響はなかったようですが、時刻表等のウェブサイトが一時使用できなくなる被害にあってたみたいです。


コロナに続いての”ウイルス”被害・・・。STMは2020年は運がなかったのかな??







(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)
スポンサードリンク