ケベック州はカナダで一番の広さを持つ州であり、その大きさはなんと日本の4倍!その広さはちょっと想像もつかないくらいなんですが、中には島もあるんです。今回はその一つ・Magdalen諸島にあるEntryと言う島についてのお話です。

OCT232020 08
(モントリオールよりもアメリカの都市の方が近いかも?Google Mapより)

このEntry島、幅2km、長さ3kmの小さな島で、赤毛のアンでおなじみのプリンスエドワード島に近い島なんですが、ケベック州に属しているんです。やっぱりケベック州って広い・・。この島の人口は約60名で、ほとんどが漁業に従事していて、英語圏になるそう。

OCT232020 06
(のんびりとして暮らしやすそう・・。CBCニュースサイトより。)

その島で今問題になっているのが・・・。廃車・・。島自体も小さく、人口も多くはないのですが、それでも島民にとって車は必需品。ただ、過去から現在に至るまで沢山の車が入ってきて、そしてもう使用できなくなった車はずーっと島内に放置されていたみたい。それが許されていた、緩い時代だったんでしょうね。その廃車の数、116台。人口のおよそ2倍

OCT232020 07
(豊かな自然の島には似つかわしくない廃車の山・・。CBCニュースサイトより。)

これ、現在の市長さんが総額$9万ドル(およそ720万円)程の予算をつけて処理していて、クリスマスまでには撤去する方針。そして、今後島民は自費で廃車処理しなさい、と・・。


まあ当然と言えば当然ですが、なんと言うか、ちょっと前の時代のほのぼのとした雰囲気が残っている島なんだなーって、思いました。こういうところで暮らすのも案外悪いものではないかも?!







(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)
スポンサードリンク