昨日のユニクロのニュースとは対照的に、同じ衣料品店で、モントリオールを本拠地にカナダ全土にお店を持ち、60年に渡ってカナダのファッションに貢献してきたLe Chateau、全店舗の閉鎖を発表しました・・。

OCT252020 03
(撤退が決定したLe Chateau。CTVニュースサイトより。)

会社としては何とか生き残りを図り、リストラ・改革を行おうとしていたようですが、最終的には事業からの完全撤退、全店舗閉鎖へと決定したようです。もちろん直接的な要因はこのコロナ禍ですが、元々Le Chateauは最近は業績が悪化しており、若者などのターゲット層への訴求がうまくいかずに苦しんでいました。


そこへこのコロナ禍・・。再起不能となってしまったんですね・・。国内123店舗、すべて閉鎖され、本社勤務500名、店舗勤務900名の合わせて1,400名の従業員が解雇になるそうです・・。本当、聞くのもつらいことですね・・。


このコロナ禍で、カナダ国内の沢山の小売業がリストラを施したり、会社更生法を申請したりと、その生き残りを賭けて色々と行動を起こしています。特に衣料品店では、ALDOやReitmans、Lauraなどモントリオールベースの企業の苦闘が目に付きます。他にもDavidsTeaなども。。

OCT252020 02
(コロナ禍で苦戦中のカナダの大手企業。CTVニュースサイトより。)

最近のコロナ第二波・再流行で、息を吹き返したこういった小売業にも更なる追い打ちが発生し、倒産件数等が増えるかもしれませんね。そんな中にお店をオープンさせたユニクロは、すごいというより、やはり市経済的には救世主になってほしいと本当に願わずにはいられないことなんだと思います。


本当、何度も言いますが、一刻も早く事態が安定してほしいものです・・。







(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)
スポンサードリンク