今から25年前の1995年10月30日。この日はケベック州の歴史の中でも大変大きな一日でした。皆さまご存じでしょうか。実はこの日、ケベック州において、カナダからの独立に関しての住民投票が行われたんです。当時のケベック州の州民数は約470万人。その人たちがケベック州はカナダから独立するべきかどうか、判断して投票したんです。


そしてその結果は僅差での「独立反対派」の勝利に。独立反対派の得票率は50%をわずかに超えただけと言う、本当に僅差・紙一重の状況だったようです。

OCT312020 08
(当時の状況を語る、元ケベック州政府首相のJean Charestさん。Global Newsサイトより。)

それから25年。当時のような状況は今はなくなったと思います。以前、ケベック州の独立を掲げる政党は存在しますが、これだけ移民数が多くなると、独立賛成派は数を減らすことになりますからね。また、経済的な結びつきにおいても、ケベック州はカナダを離れることは現実的ではないと思います。一部の人たちはケベック州はカナダから独立して、アメリカのニューヨーク州に入る方が良いって言っていましたが・・・。


ともあれ、今から25年前は今よりも熱い時代だったということでしょうね・・。







(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)
スポンサードリンク