カナダの運輸局によりますと、今年3月、コロナ禍が始まり、飛行機が飛ばせなくなったことにより沢山の人たちが航空チケットの払い戻しに対するクレームをしましたが、その処理が一向に進んでいないということが判明しました。すでに7か月以上経ち、払い戻し依頼も10,000件を超えるのに、まったく手を付けていないんですって。


それには理由があって、この運輸局、沢山のクレームを受け付けていて、過去2年分のクレームがまだ手付かずの状態。特に2019年12月に新たなに施行された払い戻し等のルールに関して、クレームが数多く寄せられていたそうなんです。

OCT312020 03
(クレーム処理が追い付かない・・。CBCニュースサイトより。)

まあ今回のコロナ禍の払い戻しクレームは、一意に航空会社側が払い戻しを拒否して、クーポン券等で対応しようとしたことが原因ですから、航空会社側の責任が大きいのは勿論ですが、こういうケースでこそ、運輸局はその力を適宜に力を発揮させるべきだったのに、初動がかなり遅れていますよね。。これに対しては国民からだけでなく、野党からも批判の声が。


まあ、航空会社側も倒産の瀬戸際的な問題があるのでしょうが、お金だけ受け取ってサービスを提供しないのは、詐欺と一緒。なので返金には応じるべきでしょう、信義的にもね。


この返金・払い戻し問題は今後も続きそうですが、例外的に、連邦政府が指導力を発揮して、運輸局にこの問題を優先的に取り上げるように指示できないのでしょうかね??なんか、そういうことができないというのは、裏で航空会社と政権側がなんかつながっているのでは??と勘ぐってしまいます・・。







(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)
スポンサードリンク