今月11/1、夏時間から冬時間に切り替わり、時計の上では1時間逆戻りとなりました。日本との時差で言うと、11/1までは13時間でしたが、今は14時間に伸びています・・・。

NOV072020 04
(DSTは本当に必要なのかな?CBCニュースサイトより。)

この夏時間・冬時間(Daylight Saving Time = DST)、カナダ全州が行っているわけではなく、サスカチュワン州とユーコン準州はDSTを実質廃止しております。


確かにDSTによるメリットもありますが、個人的にはデメリットの方が多くある気がします。まず、たった1時間ですが、体内時計が狂うんですよね。人によってはそれが調整されるまで数日かかる人もいます。また、州内だけでの仕事であれば良いでしょうが、仕事相手・お客様が他州、上記のサスカチュワン州やアメリカなどの場合、その州との時差にプラスしてDSTも考慮しないといけないのでややこしい・・・。


更に更に、アメリカでも州によってDSTを使用するか廃止しているかが異なり、本当に面倒・・・。


結局、DSTのメリットって、私は日照時間だけだと思うんですよね。冬の間、朝起きた時に明るい時間にするため・・。でもその分夕方は4時ごろには真っ暗になります・・。であれば、何のため??


ここカナダでもDSTの意義については色々と議論されていますから、私は近い将来、ケベック州でもDSTは廃止されると思います。思った以上にメリットがない政策は、世界各国一緒に廃止にして、時間・時差は固定にした方が、ビジネス上もメリットが大きいと思います!







(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)
スポンサードリンク