ケベック州を走る車のうち、電気自動車の割合ってどらくらいだと思いますか?実は2%以下なんですって。まあうちもガソリン車ですし、確かに電気自動車ってそんなに見かけない気がします。


そんな状況の中、ケベック州政府は環境対策の一環として、2035年までにガソリン車の販売を禁止する、なくすことを目指しているそうです。確かに環境面を考えると必要でしょうが、私は業界団体(石油など)の圧力がかかるような気もします・・・。

NOV152020 02
(
現実的な目標なのかな・・。CBCニュースサイトより。)


一方で、例えばBC州でも数年前に2040年までにガソリン車の販売を禁止する法案が通過していますし、またアメリカのカリフォルニア州では2035年までに、スウェーデンでは2030年までに、同じくガソリン車の販売を禁止することを目指しています。


ただ実際問題、この期限が現実的に可能なのか、ちょっとわかりませんね・・。後10-20年後にはガソリン車をなくす方向で行くっていうのは、それまでに少なくとも電気自動車の販売価格を現在のガソリン車並みに落とす必要がありますし、ガソリンスタンド等の営業・将来性への問題、そして石油業界からの圧力など、解決しなくてはいけない問題が山積み


更に、大元である自動車生産会社が、ガソリン車生産から電気自動車生産へのシフトのための設備投資等をどれだけ短期間に増やせるかも問題だと思います。


目線はすごく良い所に置いていると思います。が、20年以内というのはちょっと性急すぎる気もします・・。まあ、そういう期限を区切ることで、行政主体で自動車生産会社や業界団体・圧力団体の考えを変えさせようという意図があるのかもしれませんね。


うーん、うちは今年車を買い替えたばかりですが、次新しい車を買う際(7-8年後だと思いますが・・。)は、電気自動車も考えてみようかな?







(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)
スポンサードリンク