コロナワクチン接種などの良いニュースが入ってきたカナダやケベック州。ただワクチン接種も即効性のある対応策ではありませんので、現状のコロナ第二波への対応はやはりソーシャルディスタンスとマスク着用などの「運用面」が中心になります。ただ、そうした運用面での規制も、全ての人が守っているわけではなく、あちこちで問題が。さらにさらに昨日お伝えしたように、変異コロナウイルス感染が見つかったオンタリオ州のケースもあり、ワクチン接種開始という明るいニュースがかすみそう・・。それに輪をかけるようなニュースが・・。


感染者数も高止まり傾向の現在、このままの状態が続けば、モントリオールの病院では病床数が足りないなどの問題により、来年1月中頃には医療崩壊が起こる危機に直面しているそうです。

DEC262020 02
(一人一人の防疫意識を高めることが医療崩壊を食い止めることに繋がると思います!CTVニュースサイトより。)

現時点で、モントリオールでの一日の平均コロナウイルス新規感染者数は759人。これが一週間だと約5,300人が新規感染する計算になります。そう考えると、確かに医療崩壊に至る危険性が高いのも理解できます・・・。


やっぱりソーシャルディスタンスとマスク、不要な外出を自粛するのが今一番大事なんだと思います・・・。


医療崩壊を食い止めるためにも、皆で自粛してルールを守っていってほしいです!







(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)
スポンサードリンク