つい先日、アメリカの航空運輸局は20か月にわたるボーイング社の737MAX機の飛行禁止措置を解除しました。皆様のご記憶にあると思いますが、これは737MAX機が2機続けて墜落事故を起こしたことによる、安全面での不安からとられた措置。その後ボーイング社も検査・修理等を行ったんでしょう、飛行禁止が解かれたんです。


で、その対象機とは違うと思いますが、12/22、エアカナダが運航していた、アリゾナ-モントリオール間の737-8MAX機が、アリゾナ空港を飛び立った直後にエンジンに不具合が発生し、アリゾナ州のTucson空港に緊急着陸したそうです。ボーイング社は今のところ何のコメントも出しておらず、エアカナダに聞くように促しているそうです。

DEC262020 09
(やっぱり737シリーズは信用できませんよね、怖くて。CTVニュースサイトより。)


ある航空機関係者によると、今回の事件はよく起こりうるもので気付かない場合も多いと、まるで安全性には問題ないかのようなコメントを出していましたが、「前科」があるボーイング社の機体ですから、何を言っても信じられないというか、不安をあおるだけだと思います・・。


私はもし飛行機に乗ることが今後あったとしても(コロナのせいでその機会はほとんどないでしょうが)、ボーイング社の737シリーズは本当に避けて乗ろうと思います。それがエアカナダ以外の会社であっても、737シリーズ出なかったらそちらを選ぶと思います・・。







(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)
スポンサードリンク