窃盗はいけません、それはどこの国でも一緒。でもニュースになるほど「信じられない」ものを盗んだ人たちが2020年にもいました・・。

DEC262020 04
(盗まれた品々・・。何のために??CTVニュースサイトより。)

例えば、バンクーバーではBusiness Improvement Areaのマスコットキャラ(上記写真の左端)が盗まれたそうです。どうやって??しかも何に使うの??


マスコットキャラと同じように、BC州では他にも銅像とかが盗まれたケースがあったんですって。本当、何の目的なのかが気になりますねー。


他にもお米が盗まれたり、トラック一台分の冷凍牛肉が盗まれたり、スピードカメラが盗まれたり、民家から植木を盗んだり、玄関ドアの郵便ポストから棒を入れてを盗んだり・・・。本当、信じられないものばかり。

DEC262020 05
(盗まれた、コンテナ一杯のお米。CTVニュースサイトより。)

DEC262020 08
(盗まれた、冷凍牛肉満載のトレーラー。CTVニュースサイトより。)

DEC262020 07
(民家から植木を盗んでいる決定的瞬間。CTVニュースサイトより。)

そして私が一番気になったのが、オンタリオ州でのこと。オンタリオ州・LondonのSt. Thomas Talbot Streetにある、ある雑貨屋での出来事。この店で働くスタッフのポケットから財布が盗まれたんです。で、翌日、なんとその盗んだ人がお店にきて、謝罪と共に財布を返還。さらにお詫びとして$100添えていたんだそうです。これが一番不思議・・・。何のために盗んだの?どうして返そうと思ったの?そういう情報が一切出ていないんですよねー・・・。

DEC262020 06
(何のための財布スリ&返却+$100・・・。訳が分からない・・。CTVニュースサイトより。)

本当、世の中信じられないことが沢山ありますね!







(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)
スポンサードリンク