ご存じのように、去年末からカナダではワクチン接種が、医療従事者や高齢者を対象に始まっております。報道によると、カナダ連邦政府はカナダに住む人々が「5回」ほど摂取できるくらいの量を確保しているそうです。もちろん、そのワクチン量が一度にカナダに入ってくるわけではなく、分けられて入ってくるのですが、ワクチンの効能への不安等はありますが、なんか安心感はあります。

JAN052021 06
(ワクチンが現状を劇的に変えることを期待しています!CTVニュースサイトより。)

そんな中、ワクチン接種についての疑問がニュースに載っていました。このワクチン接種、2回の接種で完了となっています。つまり、ワクチン接種を2回行わないと、ワクチンの効力がないんです。


で、疑問というのが、「1回目の接種と2回目の接種とでワクチンの製造元が違った場合はどうなるのか」というもの。これは今後、ワクチン接種が広く一般市民に向けて行われてくる場合、当然起きるであろう状況です。例えば、1回目はモデルナ社のワクチン、2回目はファイザー社のワクチン。


専門家もはっきりと「良い・悪い」の判断はつかないようですが、もし2回目の接種の際に1回目と同じ会社のワクチンがない場合は、その効能ははっきりとはわかりませんが、打たないよりは打った方が良いと言っていました。実際、イギリスではワクチンの使用ガイドを変更していて、「どうしても、という状況では1回目の接種と2回目の接種とで違った製造元のワクチンの使用を許可する」となっています。


この辺りも、見切り発車なので不安なところですが、でもやるだけやらないといけないので、製薬会社・医療関係者も歯がゆい所だとは思います。


ただ私がもしそういう状況になったら、怖いけど別々のワクチンを接種すると思います。そういう事態に陥らないようにじゅんびはするでしょうが、よそうがいのことはいつでも起こりますからねー。。


でもこのワクチン、そして後発のワクチン等で一刻も早く集団免疫がついてほしいものです!







(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)
スポンサードリンク