ジョージア州での上院議員選挙、先のアメリカ大統領選挙の結果確定などで、首都ワシントンで暴動等が起こって大変なことになっているアメリカ。先の大統領選挙及び今回の上院議員選挙において不正が行われたという意見が多々ありますよね。実際不正が行われたかどうかはわかりませんし、闇の中だと思います。

JAN072021 01
(大混乱のアメリカ。CTVニュースサイトより。)

というのは、よく言われることですが「歴史は勝者が作る」ということです。なんか最近この言葉を実感します・・。不正があったとしてもなかったとしても、選挙に勝った民主党・バイデン次期大統領が今後のアメリカの歴史を作っていき、且つ過去の歴史を「利用」したり「自分たちの都合の良いように」変えたりしていくことでしょう。でもそれはトランプ大統領もやってきたことですし、もっと言えば、世界中で行われていることだと思います。


まあこの部分は至る所で議論されていますので、私からは特に問題提起することはありませんが、ただ一点だけ言いたいことが・・。


多分、アメリカ国民は1-2年後、トランプ大統領の時代を懐かしむようになるのではないでしょうか??もしバイデン氏が、言われているように「媚中」姿勢を示せば、もしくは中国の圧力に負けるようなことがあれば、アメリカ国民からそっぽを向かれるでしょうし、また同盟国であるオーストラリアやヨーロッパ、東南アジアの国々からも見捨てられる可能性があると思います。


これ、絶対に起きないとは言えないんですよね、バイデン氏の過去の疑惑を考えると・・。そうなると、「地獄の民主党政権」時代を経験した当時の日本社会のように、アメリカでもトランプ大統領時代を懐かしむ声が出てきそう・・。少なくともトランプさんは「アメリカ第一」を掲げて、アメリカのために動いていましたからねー。


アメリカの分断も大きな問題になっていますが、私は今後1-2年のバイデン政権の姿勢によっては今以上の混乱が起きるような気がします・・。







(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)
スポンサードリンク