カナダでは今週、エアカナダにおいて幾つかの国外路線が一時中断され(実施は来週以降だったと思います)、その中には成田-バンクーバー線も含まれています。航空業界はまたまた厳しい状況に直面してしまいましたね・・。


ただこれ、航空業界だけでなく、メーカー側も同じように不安定要素が大きく影響して、今後の成長プラン等に関しても大幅な変更を余儀なくされているようです。


ケベック州に本社を置く、国際的な飛行機メーカーでもあるBombardier。昨日、1,600人の解雇を発表しました。うち、700人ほどはケベック州、100人ほどがオンタリオ州、そして250人ほどがアメリカのカンザス州での解雇になるそうです。解雇対象者は主にオフィス勤務者のようです。

FEB112021 01
(Bombardierも危ないのかな?CTVニュースサイトより。)

Bombardierは鉄道事業をフランスのAlstomに売却し、また中型ジェット機事業も三菱重工へ売却、その他幾つかの事業も売却し、且つ不動産も売却しているようです。


買収した側の三菱重工も中型ジェット機事業の先行きが見通せない状況になっていますが・・。


Bombardier、もしかしたらかなり危ない状況かも?







(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)
スポンサードリンク